水嶋ヒロサッカーの経歴が半端ない!名門・桐蔭学園で全国3位の実力に迫る!

Pocket

〈画像出典元:Instagram

水嶋ヒロさんのサッカーの経歴と実力が、すごいことになっていました。

神奈川県の名門・桐蔭学園高校のサッカー部に所属していました。

高校3年生の時には、全国サッカー選手権にレギュラーとして出場しています。

そして、なんと!

ベスト4で、3位に輝いています。

水嶋ヒロさんの小学校から大学まで、サッカーの経歴を詳しく調べました。

最後までお楽しみください!

水嶋ヒロのプロフィール

名 前  水嶋 ヒロ(みずしま ひろ)
本 名  齋藤 智裕(さいとう ともひろ)
生年月日  1984年4月13日
身 長  180cm・65kg
血液型  O型
出 身  東京都
事務所  株式会社 3rd i connections
特 技  英会話・サッカー・ディアボロ
趣 味  作曲・食べ歩き
仕事内容  俳優・小説家・ディレクション・クリエイター等

水嶋ヒロは名門・桐蔭学園サッカー部で活躍!


水嶋ヒロさんは、サッカーの名門「桐蔭学園高校」のサッカー部に所属していました。

全国高校サッカー選手権に「9回」出場しています。

桐蔭学園高校は、神奈川県横浜市に所在地がある、私立の高等学校になります。

水嶋ヒロさんが所属した3年間のサッカー部の成績が、すごいことになっていました!

なんと・・・

桐蔭学園高校は、全国高校サッカー選手権・第79回~第81回大会で、神奈川県を3年連続制して、3連続で全国大会に出場しています。

水嶋ヒロは全国高校サッカー選手権で3位になった!

〈画像出典元:ameblo.jp

水嶋ヒロさんは、高校3年生の時の第81回大会にレギュラーで出場しています!

背番号」番

ポジションMF

結果は、「ベスト4・3位」でした。

一緒に戦ったメンバーに、10年に1人の天才阿部祐大朗」さんがいます。

阿部祐大朗は、高校卒業後にプロサッカー選手として、活躍されました。

水嶋ヒロは全国高校サッカー選手権であの「怪物」と対戦!

決勝進出をかけた準決勝の対戦相手は、「国見高校」でした。

国見高校と言えば・・・

全国高校サッカー選手権22回出場

優勝:6回・準優勝:3回・ベスト4:3回

全国高校総体20回出場

優勝:5回・準優勝:2回・ベスト4:2回

全日本ユース(U-18)選手権

優勝:2回・準優勝:1回・ベスト4:2回

と、過去の成績もすごい、サッカーの超名門高校です。

恐らくは、高校サッカー部で、知らない人はいないでしょう。

そして、この時の国見高校は、あの「怪物」がいました!


そう、「平山相太」さんです!

全国高校サッカー選手権・第81回大会7得点、第82大会で9得点で、「2年連続で得点王」になりました。

3年間で合計「17得点」で通算最多得点記録です。

「国見 VS 桐蔭学園」は、平山相太さんのゴールもあり、「2-1」で国見高校の勝利。

怪物・平山相太さんが率いる国見高校の前に、水嶋ヒロさんの桐蔭学園高校は屈しました。

水嶋ヒロの高校サッカーは怪我で順風満帆ではなかった!

〈画像出典元:ameblo.jp

水嶋ヒロさんが高校になると、怪我に悩まされていたようです。

高校サッカーの半分以上は、怪我によるリハビリ生活だったみたいです。

桐蔭学園高校に上がってからは、足の甲にヒビが入ったり、恥骨が半分なくなったりと、大ケガばかりで…2年の夏までほとんどリハビリをしていました。

ただ、どうしても国立のピッチに立ちたかったので、痛み止めを打ちながらやっていたんですけど。

その次の準決勝で国見と対戦して平山選手(FC東京)のゴールなどで負けてしまうんですが、国立のピッチに立ててうれしかったですね。

ずっと医者と相談しながらやっていたんですが、もしプロになれたとしても足がもたないと言われていて。

だから国立は憧れであり、サッカー人生のゴールのようなイメージがあって、実際にピッチに立ったら、緊張なのか嬉しいのかよく分からないけど、足が固まっていましたね。

〈引用元:★ ヒロがスキ ★ 水嶋ヒロさんが大好きです

怪我が多かくて、完全に回復していない状況で、サッカーを続けていたんですね。

それでも、「国立のピッチに立つ」という強い意志で、その目標を見事達成しました!

かっこいいですね!

水嶋ヒロはいつサッカーを始めたの?

この投稿をInstagramで見る

Hiro Mizushima(@hiro_mizushima_official)がシェアした投稿

水嶋ヒロさんが、サッカーを始めたのは、お父さんの影響です。

お父さんは、Jリーグの前身の日本サッカーリーグで、三菱重工業サッカー部に所属していた選手・「齋藤 孝」さんです。

そのお父さんと幼いころから、サッカーボールを蹴っていたようです。

水嶋ヒロさんは、父親の仕事の関係で、幼稚園から小学校まで、「スイス・チューリッヒ」で過ごしました。

そして、スイスのサッカーチームに入ったのは、「小学5年生」の時です。

ここから、本格的にサッカーに取り組んでいくことになります。

水嶋ヒロのサッカー小学校編!

〈画像出典元:Instagram

水嶋ヒロさんは、小学5年生の時にスイスのチームに入りました。

しかし、当時の水嶋ヒロさんは、英語しか話せなかったので、言語で苦労したようです。

スイスの公用語は、4つあります。

ドイツ語・フランス語・イタリア語・ロマンシュ語」です。

スイスでは、ドイツ語が一番多く使われており、水嶋ヒロさんが暮らしていた、チューリッヒでもドイツ語圏でした。

ドイツ語が通じなかったため、監督や選手とコミュニケーションが取れなかったようですね。

そのため、個人プレーに走るしかなかったとか・・・。ww

水嶋ヒロのサッカー中学校編!

この投稿をInstagramで見る

Hiro Mizushima(@hiro_mizushima_official)がシェアした投稿

水嶋ヒロさんは、中学校の入学と同時に、日本へ帰国します。

幼少の頃からスイスで過ごしていたため、日本語が全然できなかったらしいです。

そのため、帰国子女で受験できる学校へ行くことを決めました。

そして、唯一受かったのが、「桐蔭学園中学校」だったのです!

水嶋ヒロさんは、中学校でも当然のようにサッカー部を志望しました。

サッカー部に入部のためのセレクションがあった!

しかし、入学した桐蔭学園中学校サッカー部は強豪校でした。

そのため、サッカー部に入部するために、「セレクション」があったのです。

入部希望者は、毎年100名くらいはいたようです。

セレクション内容は・・・

・入部希望者が集まる

・ポジション別にわかれる

・試合を繰り返す

入部できる選手だけが、監督から呼ばれるとのこと。

入部できるのは、「5~10名」程度だったらしい。(ご本人談)

う~ん、厳しいですね!

そして、水嶋ヒロさんは、見事その競争に勝ち抜き、入部できました!!パチパチ

※セレクションは、2009年まで行われていました。セレクション合格者は、「一学年18名」とありました。現在は、希望者全員がサッカー部に入部できるようです。

水嶋ヒロは中学校サッカーでも全国大会出場していた!

水嶋ヒロさんは、高校サッカーでも活躍されましたが、実は中学校サッカーでもかなりの活躍ぶりでした!

桐蔭学園中学は全国で優勝を狙えるチームだったので、練習は厳しかったですよ。

1年生からレギュラーポジションを全員で争う毎日ですから1日1日が勝負でした。

毎日実力を見極められるような練習があって、そこでアピールできなければ試合に出られないんです。

〈引用元:★ ヒロがスキ ★ 水嶋ヒロさんが大好きです

水嶋ヒロさんは、全国サッカー大会で中学校2年生の時に「準優勝2位」でした。

さらに、全国サッカー大会で中学校3年生の時も「準優勝2位」でした。

全国制覇にも一歩及ばなかったですが、素晴らしい成績です!

水嶋ヒロのサッカー大学編!

この投稿をInstagramで見る

スネ夫 #初投稿 #ameblo #デート #blog

Hiro Mizushima(@hiro_mizushima_official)がシェアした投稿 –

水嶋ヒロさんは、高校卒業後、「慶応義塾大学」に進学しています。

慶応義塾大学でも、サッカー部に入部しました。

しかし、高校サッカーの時に、酷使した身体の代償は大きかったようです。

足の状態が悪くて、もはやサッカーを続けられる状態ではなかったようです。

怪我により、サッカーを辞めることを余儀なくされてしまいました。

まとめ

水嶋ヒロさんのサッカーの経歴はいかかでしたか?

高校時代は、全国大会・ベスト4の3位。

中学校時代は、2年連続で全国大会・準決勝2位。

輝かしい成績を残した一方で、怪我に悩まされたサッカー生活でした。

しかし、サッカーで自分を出し切ったことが、今現在の姿なのかもしれません。

今後の益々のご活躍が楽しみです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする